リバイバル新聞(2004年1月4日号)


ウェディング・サークル「カナの会」
学びと出会いを提供

ウェディング・サークル「カナの会」は、結婚を希望するクリスチャンを対象とした超教派の会。顧問としてJEC堺福音教会主管牧師の我喜屋美和子師を迎え、2000年11月に発足した。

今回で2回目を迎える結婚セミナーは、年一回毎年6月に、オープンセミナーとして開催される。2003年度の講師は福野正和師=南大阪福音教会牧師=。テーマは「クリスチャンの結婚を信仰とどう結びつけて考えるか」。第1回セミナーは結婚を考える3つのポイントについて。第2回セミナーはイサクとリベカの結婚のプロセスを通して結婚の奥義が語られた。約20教会からおよそ100名が参加した。

参加者からは「結婚について良く分かった」「これから祈っていきたい」との声が聞かれた。また、今春成婚したカップルの証も盛り込まれ、結婚までの山あり谷ありの道のりを、神によっていかに導かれたのかを証した。

「結婚を希望される方も、まだ切実に考えておられない方も、独身の方はどなたでもぜひご入会ください。歓迎いたします」と代表の土井博子さん=JEC堺福音教会員=。現在登録会員を募集中。年会費は3千円。入会は随時可能。成婚時には成婚謝礼が必要。2004年1月31日には、セミナーとティーパーティーを兼ねた「カナ・ーパーティー」が開催される。会場はスイスホテル南海大阪。今回は特別に会員以外の参加も可。定員は80名。申込締め切りは1月15日。