第11回 カナ・パーティ レポート


ウエディング・サークル「カナの会」 カナ・パーティー レポート

 

10月5日(土)大阪クリスチャンセンターにて第11回のカナ・パーティーを開催致しました。主に関西近郊から兄弟姉妹約40名が集まり、楽しい交わりの一時となりました。メッセンジャーに、枚方コミュニティチャペルの牧師でまた近放伝では結婚のお世話もしておられる水野健先生をお迎えして、少しの緊張と期待をもって始まりました。

まず最初に出席者全員立ち上がってお互いを歓迎し合い、雰囲気が和らいだところで、カナの会代表の土井姉の挨拶、お祈り、賛美、水野先生のショートメッセージへと進みました。メッセージでは、カジュアルなデートをしてお互いをよく知ることの大切さと、男女の違いについて語られました。

 

<メッセージ要約>

男性と女性がお互いの特性や違いをよく知るためにもデートをすることはとても重要であり、デートには、カジュアルなデートとシリアスなデートの2種類があるとのことです。カジュアルなデートは、よくお互いを知るための気軽なデートで、上手くいかなくなっても傷つかないのが利点です。一方、シリアスデートは、結婚を前提とする付き合いで、これが上手くいかないと大きなダメージを受けます。水野師がお薦めするのは、カジュアルなデートでいろんな人と付き合うことで、これを通して異性の違いをよく知る経験が結婚生活のよい準備にもなるとのことでした。ただし、一線を越えてしまうと、付き合いが肉欲的なものになり、精神的な交わりを深める体験が失われてしまうので、絶対にそのようなことはされないようにとのことでした。また、人は不完全でそれぞれに課題を持って生きている中で、離婚の経験を通られる方もおられるが、なぜ離婚したのかをどう解決して成長させるかが大変重要であるとのことでした。それに正直に向かい合い、乗り越えるのは楽な体験ではないが、その先に痛みの経験さえも益として下さる神の祝福があるということでした。

 

メッセージの後は自己アピールの時があり、ケーキやコーヒー・紅茶を頂きながらのフリートークの時となりました。

今回は、男性にテーブルを順に移動して頂き、与えられたテーマに沿って各テーブルで話して頂くグループトークタイムを持ちました。テーマがあるので会話が弾み、また全員の方と顔を合わせてお話して頂くことが出来ました。

最後にもう一度フリートークの時があり、その後、賛美と水野先生の祝祷をもってパーティを終えました。二次会に向かわれる方もおられ、賑やかに帰って行かれる皆さんをお見送りしながら、このパーティーを導き祝福して下さった主に心より感謝を致しました。

一昨年も、また去年も、カナ・パーティーで出会われ、結婚に導かれたカップルがおられます。主に栄光と感謝をお捧げします!